二場






  『紅玉コーラス隊のうた』

  ♪わしら紅玉コーラス隊 
  すいも甘いも とーに過ぎた
  シワシワりんご

  年をとっても歌は歌える 歌は楽し
  教えてくれたあなたは急に
  わしらを置いて逝きなさった





 大五郎 「みなさん、そんなに泣かないで」

    『大五郎回想のうた』

     「ゆっこ、滝廉太郎はお歌を作るすごい人だよ」
    
   ♪箱根の山は天下の剣
    ゆっこのお尻 お父ちゃんのオナラ
    可愛い 可愛い くさい くさい

      「ソーリー、40年も前の娘とのことを思い出してしまいました」


....


 朝美 「それにしても、淋しいお葬式だったわね・・」


...

 小島 「私も、ここの紅中で働いていたことがあったの。
       伊藤先生とはよく一緒に飲んだわ」

   『小島 回想のうた』

      ♪酔えば度々聞かされた
   「19の時、憧れの先輩から藤村の詩を書いた手紙が届いたの。
    あの日から私、リンゴとあの人が大好きになった。でも結ばれなかった。
    お別れの日にオルゴールを贈ったわ」
      ♪はじらうしぐさの愛らしさ
       笑顔の可愛い人でした





 マーくん 「そういえば、麦踏みの話をしたら
      伊藤先生が腹をかかえて笑ってくれたことがあったなあ」

     『麦踏みのうた』
      ♪麦は踏まれて強くなる
       親に聞かされ 麦踏みじゃ

     「調子に乗りすぎ 気がつきゃノツボ」
        ドバーーーーン!




 小路警部 「お父ちゃん!」

 大五郎  「ゆっこ!」





  数ちゃん 「有希ちゃん、大五郎さんのお迎えに来て」

 有希(婦人警官)「ダディー、一緒に帰ろう」

 小路警部  「何でうちの署の斉藤さんがダディーって・・・」





  マーくん ♪晴れときどきくもり

 長谷川  「いい歌ですね。来週の同窓会で歌ってもらえませんか?」

 小路警部 「もしかしてその曲、この前から探していた伊藤先生が書きかけの曲?」

 マーくん 「これは伊藤先生の手書きじゃから、コピーなら見せてやるで」

 小路警部 「違うわ、Fineというマークで終わっているからこの曲には続きはない。」




 朝美 「先輩も、同窓会に参加してくださいね」





 『大場刑事のうた』

   ♪本当の我が子のように可愛がってくれた
    お母さんが天国に逝ったあとも
    お父さんのお世話をずっとしてるんだ

   有希ちゃんっていい子だよなぁ・・